歯医者さん、好き!

小児歯科について

小児歯科について

「歯医者が嫌い」といわれる方の中には、小さい頃に歯医者で 嫌な思いをしたことがある人が多いようです。
つまり、小さいときにこそ、恐がらせない、無理やり治療をしない歯医者さんに通うことが大切です。そうすることが将来的に、お子様がいつまでも健康な歯を保っていくための礎となります。

マリモ歯科・矯正では、お子様に「歯医者さん、好き!」と言ってもらえるように、できるだけ嫌なイメージを持たないように、心がけて診療しています。

泣いても、暴れてもできる限りこちらもがんばって対応します。
たとえ虫歯を削ってつめる事ができなくても進行止めの薬を塗るだけでもかまいません。
できた事を褒めてあげて、当院に通院いただければ自然と一人で椅子に座って治療できるようになります。
治療が嫌で、診療台の上で30分以上もぐずりながらも進行止め薬の塗布しかできないでいたお子様が
ある日突然きちんと口を開いて治療をさせてくれるようになることもあります。

そうやって泣きながらもがんばって通って虫歯治療し
そのあと定期的にフッ素を塗りにきてくれる子たちはきれいな永久歯が生えてきているのです。
あなたの大切なお子様の大切なお口を健康にするためのお手伝いをさせて頂きます。

クラブニコ

クラブニコ

現代の少子化により小児の虫歯の減った時代では効率のよい治療より、
噛み合わせの育成・歯列矯正・小児期からの歯周病対策・生涯を通しての予防等の観点から一生付き合える歯科医院を目指しております。

お子様にとっての当面の目標は、「12歳で虫歯ゼロ」です。
永久歯になったときに、いかにきれいなお口の中でいられるかが大切になってくるのです。
そのために、虫歯を作らないように、フッ素を塗布するなど、定期的な予防処置を進めていきます。

「クラブニコ」とは、乳歯を虫歯から守り、健康できれいな永久歯が生えそろうよう、ご家庭と歯科医院が一緒になって、お子様のお口の成長を守り、育てる楽しい会員クラブのことなんです!!

保護者の方へお願い!

歯医者に行くことを脅しにしないでください
「そんな悪いことしたら歯医者さんに連れて行くよ!」というように、私たちはよく怖いものの代名詞にされてしまいます。でも、それをすると余計に恐がるので良いことは一つもありません。どうか脅し文句には使わないでください。
歯医者で泣かないで治療できたら誉めてください
これも同じように、「泣かないでよく頑張ったね!えらいね!」と、誉めてあげてください。
この一言で泣かないで頑張って治療できる子どもになります。
歯をしっかり磨けているかチェックしてできたら誉めてください
歯の磨き残しは子ども一人ではどうしてもできてしまいます。だから、歯を磨けているか、保護者の方にチェックしてもらいたいのです。 できてたら、「よく磨けたね!えらいね!」と誉めてあげてください。
ゆっくり治療することに理解をしてあげてください
無理やり治療すると、子どもは泣き叫んで、歯医者が嫌いになります。そしてトラウマとなり、何十年経っても歯医者嫌いは直りません。だから、私たちは無理やり治療はしないし、歯みがきやイスに座らせることなど、歯医者は恐くないことを分かってもらいながら、ゆっくりと 治療をすすめます。
もちろん私たちも保護者の方も早く治療をしてもらったほうがいいと思っていらっしゃると思いますが、それは私たちの自己満足です。だから、ゆっくり子どものペースに合わせて治療を進めていきましょう。

BACK TO TOP BACK TO TOP