神奈川県逗子の矯正専門歯科 マリモ歯科・矯正

MARIMO NOTE

  • HOME>
  • MARIMO NOTE>
  • これ以上歯を失わないために絶対知っておきたい!ブリッジと入れ歯の次のリスク!

これ以上歯を失わないために絶対知っておきたい!ブリッジと入れ歯の次のリスク!

201904.jpg
歯は再生しないため、どんな治療をしても完全に元の状態には戻りません。特に歯を失ってしまった場合には、様々な「次のリスク」を抱えることになります。「次のリスク」を正しく理解して、一本でも多くの歯を残しましょう。


ブリッジ
歯が抜けてしまった場合、その部分を橋のように補うのが「ブリッジ」です。入れ歯のように取り外す必要もないので日常の使用はとても楽ですが、橋の支えとなる歯には大きな負担がかかります。もし支えとなる歯が折れてしまうと、新しいブリッジを作る必要がありますが、今度はより多くの支えとなる歯が必要となり、さらに折れてしまうリスクが高まります。

201908.png
これを繰り返し、次々と歯を失う方が少なくありません。そもそもブリッジは歯ぐきから浮いた部分にプラークがたまりやすいので、それが歯周病やむし歯の原因となります。つまり支えとなる歯にダメージを与えやすい環境にあります。ブリッジの拡大を防ぐためには、日頃からの十分なケアと、定期的なチェックが大切です。
201909.png

入れ歯
失った歯を補う方法としてブリッジの他に「入れ歯」があります。入れ歯には「クラスプ」と呼ばれる金属の「バネ」がついています。このバネを健康な歯に引っ掛けることで、入れ歯を固定します。しかし、不安定な入れ歯を、健康な歯が受け止めるわけですから、ブリッジと同様、抜けたりするリスクが常に付きまといます。
201911.png
しかも、入れ歯はご覧のように形が複雑で、とにかくプラークがたまりやすく、ケアをおろそかにすると、あっという間に健康な歯がむし歯や歯周病になってしまうという、二重のリスクを抱えています。これ以上歯を失わないためには、とにかく日頃のケアが大切です。もし正しいケア方法がわからないという場合には、いつでもお気兼ねなくご相談ください。
201912.png

BACK TO TOP BACK TO TOP

CONTACT ご相談・初診のご予約はお気軽に