MARIMO NOTE

  • HOME>
  • MARIMO NOTE>
  • 年末年始でどうしても歯科に行けないときの正しい応急処置

年末年始でどうしても歯科に行けないときの正しい応急処置

20181205_04.jpg

むし歯で歯が痛い!
どうしても歯科に行けない場合は市販の鎮痛剤を飲みましょう。ただし効能の欄に「歯痛」と記載があるものを服用してください。また、規定量以上の服用は、体に変調をきたす恐れがあるため絶対に避けてください。

歯が根っこごと抜けた!
根っこごと抜けてしまった場合、元の状態に戻せることがあります。ティッシュで拭いたり、水洗いしたりするのは避け、そのまま「歯科保存液(薬局で売っています)」につけるか「牛乳」につけて、できるだけ早く(遅くとも24時間以内)に歯科医院へ行きましょう。

差し歯が折れた!入れ歯が割れた!
瞬間接着剤などでくっつけがちですがこれは絶対に避けてください。差し歯は接着の際にばい菌が入ったり、隣の歯についてしまったりすると、様々なトラブルの原因になります。入れ歯もズレてついてしまうことで、かみ合わせがおかしくなってしまいます。まずはうがいなどでお口の中を清潔にしておくこと。そして、早めに歯科医院に行くことが重要です。

これらはあくまでも応急的なものですので、必ず歯科医院へご来院ください。急を要する場合は、年末年始でも救急対応をしている歯科医院があります。インターネットで「救急 歯科 ○○(地域名)」で検索してみてください。もしお住まいの地域で見つからない場合は近隣の地域名でも探してみましょう。

BACK TO TOP BACK TO TOP