神奈川県逗子の矯正専門歯科 マリモ歯科・矯正

MARIMO NOTE

矯正歯科Q&A

矯正歯科治療とは何ですか?

矯正とは、不自然な位置にある歯や、あごの骨を整えて美しい歯ならびや、正しい噛み合せ、さらにはバランスのとれた口元を取り戻す治療です。 歯ならびが良くなると歯をきれいに磨けるだけでなく、食べ物をしっかり噛むことができるので、口の中の健康はもちろん、消化を助けて、からだ全体の健康にも良い結果をもたらします。 きれいに並んだ白い歯で、健康と自信に満ちた明るい笑顔を得ること、それが矯正治療の大きな役割です。 矯正治療は痛くないでしょうか? 歯を動かす時には力が掛かりますので、個人差はありますが調節後2-3日は、歯が浮くような感じで違和感を覚える場合があります。 痛みを覚えることはほとんどありませんが、もし痛みが出た場合は、矯正力を弱めたり、矯正装置に保護材をつけるなどの対応をしますので、一般生活に支障なく過ごすことができます。


 

虫歯があるのですが、治してから矯正歯科治療を行った方がよいですか?

矯正装置が入る前までに、虫歯がある場合は治療することが必要になります。 矯正治療は基本的には、現在ある歯を抜かずに治療をしますが、症例によっては、抜歯をして矯正治療を行なう場合があります。 もし、虫歯を治療した歯を、矯正治療を行なう上で抜くことになった場合、その虫歯を治す費用、時間が無駄になってしまいますので、まず矯正歯科を受診してから、虫歯をどのように治療するかどうかを決めることをお勧めします。

 

矯正治療は誰でも治療することができますか?

歯周病の方や虫歯がある方は矯正治療を行うことが出来ません。そのため矯正治療の前に歯周病や虫歯の治療を先に受けて頂く必要があります。 それ以外であれば基本的にはどなたでも治療を受けることができます。

 

治療の期間はどのくらいかかりますか?

症状や年齢によって異なります。 永久歯が生えそろった大人の場合、上下のアゴのバランスに大きな問題がなければ普通2年-3年くらいで、その後1-2年ほど後戻りしないように、保定する期間が必要です。 子供の受け口や出っ歯の場合には、第1段階の治療(上下のアゴのバランスを整える)を1-2年、第2段階の治療(永久歯の歯ならびでの仕上げ)を2-3年、行うこともあります。 子供の矯正治療は永久歯が全部きれいにならび、アゴの成長発育が落ち着いてはじめて終了となりますが、その間、必ずしもずっと装置が必要なわけではありません。

BACK TO TOP BACK TO TOP

CONTACT ご相談・初診のご予約はお気軽に