神奈川県逗子の矯正専門歯科 マリモ歯科・矯正

MARIMO NOTE

保険診療でのホワイトニングの特徴

「えっ、審美?そんなの必要ないよ。保険で十分でしょ」 

「今は、前歯でも保険で白くなるんでしょ?だったら、保険で十分だよ」 

 「奥の歯は別に、見えないから銀歯でもいい」 

 このようにおっしゃる方は、まだ多いようです。
 ほとんどの方は保険での治療が十分な治療だと思われています。しかし、本当にそうなのでしょうか?

 実際に歯科診療をしている側から見ると保険診療には明らかに限界があるというのが実際のところです。

 

保険の前歯の特徴

まず、保険の前歯の被物ですが、これは「硬質レジン前装冠」といいます。
 簡単に言うと固いプラスチックを金属の上にかぶせている、というものです。 

 これは表面がプラスチックですので、平均的には2-3年程度で変色してしまいます。 
皆さんの周りの方でもいませんか?前歯の色が明らかに他の歯と違う、黄色っぽく変色した歯がある方。 

また、保険の前歯の場合、変色はしていなくても、プラスチックですので、天然の歯の色、ツヤ、透明感を出そうと思っても、 それを出すことができないのです。ですから、変色していなくても、「あっ、他の歯と違うな」と感じてしまいます。

 保険の前歯はプラスチックですので、変色だけでなく水分を吸収して、口臭の原因となることもあります。
 

保険の奥歯の特徴

次は奥歯ですが、前から4番目の歯を保険が適用される銀歯にすると、 
笑った時にキラッと見えてしまう方が多いです(口の大きさによって変わります)。

 また、もっと奥の歯でも、下の歯だと大きな口を開けて笑うと、たとえ奥歯であっても、かなり見えてしまいます。
 人と話をしていて、「あっ、銀歯が入ってるんだな」と思うことがあるのではないでしょうか。 

もちろん、銀歯が入ってることが全く気にならないという方もいらっしゃるかと思います。 しかし、一方で「銀歯は入れたくない」という方がほとんどです。 白い歯を入れたくても、金銭的な事情で入れられない方が多いのが実情です。 ということは、「別に銀歯で良いよ」と言っている本人は気にならなくても、それを見ている人の多くは気になっているのが現状かもしれません。

BACK TO TOP BACK TO TOP

CONTACT ご相談・初診のご予約はお気軽に