神奈川県逗子の矯正専門歯科 マリモ歯科・矯正

MARIMO NOTE

ブリッジのメリットとデメリット

○メリット

固定式のため、ほとんど装着感がありません 歯の素材によっては保険適用内で治療できます

 

×デメリット

連結した人口歯を支えるため、両隣の健康な歯を削らなくてはなりません 健康な歯を削るということは、歯を長く健康に機能させるという点において、非常に大きなデメリットです 歯を支える歯根の数が通常より少ないので、その歯根には咀嚼時の負担が大きくかかります 多数の歯が欠損している場合にはブリッジができません 欠損部の歯肉がやせると、ブリッジとの間に隙間ができ、発音時に息が漏れることがあります 審美的なブリッジにすると保険適用外となります 7年くらいでブリッジを支えている歯がダメになるケースが多いというデータが出ている

BACK TO TOP BACK TO TOP

CONTACT ご相談・初診のご予約はお気軽に